講師

市毛達郎 博士(工学)

  • 有機合成化学 (東工大)

  • アシュタンガヨガ初級指導者 (ケン ハラクマ)

  • アシュタンガヨガ中級指導者 (ケン ハラクマ)

  • SLOW-FLOW  YOGA  インストラクター(ケン ハラクマ)

  • ヒーリング&リラクゼーションヨガ インストラクター(ケン ハラクマ)

  • Foot Decompression Somatics(Jack Blackburn)

  • Reiki III(master)(Jack Blackburn)

 

1975年生まれ。大学卒業後、新薬開発のベンチャー企業で研究開発を行いました。現在は化学系企業で働きつつ、ヨガの指導を行っています。

子供の頃から肩こりを感じており、20代前半に一番重い肩こりを経験します。症状としては肩こりから来る頭痛です。最悪の時は歩行する際の振動が脳に響き、その痛みで歩けなかった事があります。また、心臓のドクンドクンという振動が脳に響き、眠っていても痛みで起きてしまう程でした。

病院の検査(MRI)では異常が見つからず、鎮痛薬を処方されました。マッサージや鍼灸では痛みが取れるものの、毎日通う必要があったので経済的に続きませんでした。

しかし、頭痛は収まらず困り果てていました。様々な方法を試しているうちに「気功」や「レイキ」という不思議な方法にたどり着き、我慢できない頭痛からは解放されました。

その後も肩こりは続いていましたが、我慢できない程ではありませんでした。肩が痛く、頭が重い状態が当たり前になっていて、その頃には、健康で元気な状態は思い出せなくなっていました。

30代からヨガを始め、肩こりが良くなっていくのを実感します。

ところが、勤め先のベンチャー企業が倒産し、転職先が見つからない等、人生に波風が立つと肩こりは再び悪化して行きます。

40歳の時、腕が肩より上に行かなくなります。

この時に肩こりと本気で向き合う決意をします。針、マッサージ、カイロ等で一時しのぎの状態を維持するのは、経済的にも厳しく、未来に希望が持てなかったからです。

その後、肩こりをヨガの視点から鋭意研究し、新しい肩こり解消法を見つけるに至ります。

この方法を1年間続けたところ、肩こりが根っこから解消しました。

とても効果が高いので、この方法に「首ヨガごろん」という名前を付け、特許庁に商標登録を行います。その後、審査を経て、区分第41類「肩こり予防・解消のストレッチング等の指導及び知識・技術の教授」に第6096229号として登録されました。